短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年7月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    鈴を吊る 句帳が耳を澄ましてる  (和憲)
(標目  花鳥風月愛して止まず)
 追吟  澄ましてる旬の顔した見合い席

地    励まして 涙かくした見舞客  (泉水)
(標目  誠心誠意嘘つき通す)

人    帰り待つ 灯りが一つついている  (善三郎)
(標目  貧者の一灯されどバラ色)

二    発車して 終着駅の無い門出  (善三郎)
三    選ばれて肩の襷は重荷知る  (善三郎)<読み込み 選>
四    首を振る 尺八吹いて三年目  (和憲)
五    しなやかに 会えば自然に出る会釈   (耕作)
六    幸せは糟糠の妻旨いめし  (千翔)<折り句 シソウ>
七    決め手なし 先が読めない千日手  (美好)
八    励まして 術後の母の髪をとく  (國子)
九    田を愛し伝え行きたい野良の汗  (新一)<折り句 タツノ>
十    切符手に 心はずんだ昔あり  (千賀子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-07-31 07:00 |  安冨冠句会例会