短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年7月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      大過なく 勤めし後を農に生く  (政信)<折り句 タツノ>

四選   励まして 四川へ飛んだ千羽鶴  (和憲)    
      しなやかに 鮎解禁へ竿さばき  (政信)
      首を振る ねじれ国会縦と横  (佳月)

三選   鈴を吊る 音色楽しむ侘び住まい  (和憲)
      首を振る 里芋の葉に風やさし  (佳月)
      田を愛し伝え行きたい野良の汗  (新一)<折り句 タツノ>
      鈴を吊る 口帖が耳を澄ましてる  (和憲)
      口車 なめらかな舌裏怖し  (春風)
      首を振る 尺八吹いて三年目  (和憲)
      しなやかに なびく柳も芯強し  (耕作)
      鈴を吊る 耳で涼知る夏の知恵  (恒男)
      帰り待つ 灯りが一つついてくる  (善三郎)
      切符手に 努力と汗で掴む夢  (孝代)
      鈴を吊る 飾れば軒に風が寄る  (千翔)

      以上 三選11章

多選 15章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-07-31 08:00 |  安冨冠句会例会