短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年7月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    天の川 宇宙の神秘しばし酔う  (善三郎)
(標目 田舎の夜空にごりなく)
追吟  しばし酔う大気汚染も忘れがち

地    捨て台詞 まだ人間が出来てない  (和憲)
(標目 そんな言葉に腹立てて)

人    主婦の知恵 料理裏技残り物   (謙一郎)
(標目 野菜くずにも晴れ舞台)

二    細長い 播磨名産揖保の糸  (良春)
三    相合傘 優しい方が濡れて行く  (雅城)
四    天の川 七夕一句書き添えて   (孝代)
五    主婦の知恵 手綱捌きにそつはない (善三郎)
六    荒れた手で子育て終わり農作業  (孝子)<読み込み 手>
七    夏野菜手塩にかけて初生りを  (土筆)<詠み込み 手>
八    捨て台詞 後味悪く眠れぬ夜  (春風)
九    浴衣帯 女盛りの粋なこと  (春風)
十    浴衣帯 安富音頭輪になって (春風)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-07-30 01:00 |  安冨冠句会例会