短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年7月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    侘びと寂 終の庵で咲く冠句  (和憲)
(標目  命懸けての冠句精進)
 追吟  咲く冠句末代までも名を残す

地    母の手の幾星霜の皺を見ゆ  (篤子)
(標目  指の節々いとも尊し)

人    旅プラン まずは米寿の夫婦花  (直樹)
(標目  孫と子供らプランまとめる)

二    小手調べ 試歩に感謝の癒える足  (土筆)
三    浮かぶ冠句に翼を付けて 雲に乗せたい我が詩心  (和憲)<送り句>
四    済まないと祈るその手に返す笑み  (直樹)<折り句 スイカ>
五    相合傘 優しい方が濡れて行く  (雅城)
六    浴衣帯 亡母の形見の似合う齢  (千翔)
七    主婦の知恵 薄給と云うパズル解く  (和憲)
八    天の川 星のせせらぎと永久の愛  (直樹)
九    すまんなあ癒えて感謝の介護の手  (公三)<折り句 スイカ>
十    生麦酒 愚痴も悩みも泡に消え  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-07-30 02:00 |  安冨冠句会例会