短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年7月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    温もりを握る手と手が感じ合う  (善三郎)<詠み込み 手>
(標目  小さな愛も感じて幸せ)
 追吟  感じ合うあなたを信じ世を渡る

地    小手調べ 学ぶハードル一ツ上げ  (耕作)
(標目  小さな努力いつか功なす)

人    小手調べ 策におぼれず信と仁  (善三郎)
(標目  長い目で見て正義の勝つと)

二    細長い 生きのびてなお奥がある  (雄飛)
三    侘びと寂 そこはかとなく齢の功  (雅城)
四    生麦酒 愚痴も悩みも泡に消え  (芳英)
五    母の手の幾星霜の皺を見ゆ (篤子)<読み込み 手>
六    細長い トンネル抜けた人生路  (哲男)
七    夢は無限の大空馳せる 雲に乗せたい我が詩心  (土筆)<送り句>
八    楽し苦しい句作の妙味 雲に乗せたい我が詩心  (善三郎)<送り句>
九    過疎の里 森と湖目を癒す  (豪人)<折り句 カモメ>
十    捨て台詞 月夜ばかりでないんだぞ  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-07-30 03:00 |  安冨冠句会例会