短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年7月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    健やかに生きて米寿に陰りなし  (良春)<折り句 スイカ>
(標目  心開きて感謝の日々を)
 追吟  陰りなし花鳥風月友として

地    天の川 万感深し故郷を恋う  (千翔)
(標目  輝く星に思い出寄せて)

人    相合傘 苦の雨凌ぐ夫婦道  (和憲)
(標目  地固まりて努力の花が) 

二    冠句愛した佳月を偲ぶ 雲に乗せたい我が詩心  (耕作)<送り句>
三    主婦の知恵 家庭円満鍵握る  (篤子)
四    生麦酒 愚痴も悩みも泡に消え  (芳英)
五    茄子胡瓜手籠に重し朝の露  (土筆)<読み込み 手>
六    核兵器持って平和に目処立たず  (良春)<折り句 カモメ>
七    細長い 我慢の道も夢もとめ  (千翔)
八    小手調べ 者運が掛る試運転  (芳英)
九    旅プラン 一家が和む給付金  (泉水)
十    侘びと寂 恋の蛍が身をこがす  (土筆)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-07-30 04:00 |  安冨冠句会例会