短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年7月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    相合傘 後ろ姿で分かる仲  (芳英)
(標目  相思相愛切ないオーラ)
 追吟  分かる仲我等同郷同世代

地    主婦の知恵 従いつつも主導権  (春風)
(標目  いつの間にやら我が家の要)

人    好きだとも言えず記憶の片隅に  (善三郎)<折り句 スイカ>
(標目  未練かすかに耳朶の奥底)

二    浴衣帯 締めて小町の出来上がり  (政信)
三    核兵器持って平和の目処たたず  (良春)<折り句 カモメ>
四    天の川 巡り会いたい逝った人  (善三郎)
五    主婦の知恵 もったいないが実を結ぶ  (公三)
六    侘びと寂 そこはかとなく齢の功  (雅城)
七    相合傘 壁が泣いてる文化財  (政信)
八    佳月宗匠あの世も選者 雲に乗せたい我が詩心  (和憲)
九    細長い 日本列島四季の妙  (篤子)
十    侘びと寂 山水画みる古都の景  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-07-30 06:00 |  安冨冠句会例会