短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年7月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      生麦酒 愚痴も悩みも泡に消え  (芳英)

四選   茄子胡瓜手籠に重し朝の露  (土筆)<読み込み 手>

      天の川 宇宙の神秘しばし酔う  (善三郎)

      苦労の手一家ささえて生きた父 (哲男)<読み込み 手>

      捨て台詞 吐かずに済んだひと呼吸  (政信)

      旅プラン 夢は十色に咲き乱れ  (直樹)

三選   核兵器持って平和の目処たたず  (良春)<折り句 カモメ>
      相合傘 優しい方が濡れて行く  (雅城)
      主婦の知恵 手綱捌きにそつはない  (善三郎)
      小手調べ 策におぼれず信と仁  (善三郎)
      細長い 生きのびてなお奥がある  (雄飛)
      済まないと祈るその手に返す笑み  (直樹)<読み込み 手>
      手を振れば 声高くなる選挙カー  (泉水)<読み込み 手>
      天の川 ロマンと神秘太鼓より  (篤子)
      相合傘 母の迎えに子の笑顔  (孝代)

           

      以上 三選9章

多選 15章でした。5選もあり、4選も5章あり、親しみのある良い句が
多くありました。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-07-30 08:00 |  安冨冠句会例会