短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年8月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    仲が良い 修羅場もあった共白髪  (和憲)
(標目  終わり良ければすべて懐かし)
 追吟  共白髪来し方偲ぶ対湯呑

地    肝っ玉 細い家計を背をう母  (直樹)
(標目  強い女の横顔を見る)

人    働けど又働けど汗ばかり  (千代子)<読み込み 汗>
(標目  健康と言う宝背負いて)

二    なよなよと 赤の流るる金魚鉢  (純一)
三    とびこえて 距離を埋めたい胸の内  (太)
四    気がついて 道理何処かに置き忘れ  (耕作)
五    手折る花にも選者の好み ガッカリさせた自信作  (土筆)<送り句>
六    すんなりと行かね月あり冠句道  (豪人)<折り句 スイカ>
七    大笑い 女ばかりの艶ばなし  (純一)
八    肝っ玉 いざ本番で据わるもの  (春風)
九    なよなよと 直す手ぐしも品作り  (哲男)
十    とびこえて 馬は乗り手の腕を知る  (戸楓)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-08-30 01:00 |  安冨冠句会例会