短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年8月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    仲が良い 在りし日偲ぶ花手桶  (佳月)
(標目  逝きて幾年妻に手向ける)
 追吟  花手桶墓前ぬかずく盂蘭盆会

地    団塊と呼ばれて次の汗さがす  (佳月)<詠み込み 汗>
(標目  再度就職次の職場へ)

人    とびこえて 心の友に垣根なし  (佳月)
(標目  心開けば垣はなくなる)

二    気がついて それは私のことでした  (戸楓)
三    明日がある 信じて歩くそれが夢  (直樹)
四    小気味よく 厨に刻む母の曲  (佳月)
五    なよなよと なびく柳が身を護る  (佳月)
六    酢の料理一品増やし夏期の膳  (泉水)<折り句 スイカ>
七    とびこえて 距離を埋めたい胸の内  (太)
八    雲の峯 二度ときのこになるなかれ  (佳月)
九    自分好みと他人とは違う ガックリさせた自信作  (豪人)<送り句>
十    気がついて 後のまつりは人の常  (政信)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-08-30 03:00 |  安冨冠句会例会