短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年8月上座抄(松井土筆 雅伯選)

天    肝っ玉 急に冷えたり縮んだり  (佳月)
(標目  微妙に変化不思議生物)
 追吟  縮んだり曲がりもするよ老齢期

地    なよなよと しなる竹こそ芯強し  (太)
(標目  風雪耐えて旬上手し)

人    鈴虫と隠居ばかりが過疎守る  (佳月)<折り句 スイカ>
(標目  老いた加勢の音色うるわし)

二    涼しさや石の段々峡の寺  (高男)<折り句 スイカ>
三    仲が良い 在りし日偲ぶ花手桶  (佳月)
四    肝っ玉 据えて大役成し遂げる  (芳英)
五    なよなよと 伸ばす朝顔いま盛り  (孝代)
六    明日がある 信じて歩くそれが夢  (直樹)
七    小気味よく 女大臣颯爽と  (守磨呂)
八    小気味よく ビールが喉を急降下  (純一)
九    仲が良い 我慢で過ぎた半世紀  (良春)
十    仲が良い 修羅場もあった共白髪  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-08-30 04:00 |  安冨冠句会例会