短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年8月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    明日がある 心新たに春を待つ  (新一)
(標目  プラス思考で先づ一歩から)
 追吟  春を待つ苦を礎に幸の花

地    仲が良い 句座は五目の飯の味  (佳月)
(標目  豊かな個性まろやかに溶け)

人    肝っ玉 君の前だけ大きくて  (直樹)
(標目  契成る日を夜毎にの夢に)

二    酢の料理一品増やし夏期の膳  (泉水)<折り句 スイカ>
三    農の汗土の臭も心地良し  (泉水)<読み込み 汗>
四    仲が良い 地巻きに同じ富士眺め  (直樹)
五    大笑い 福の神様句座に棲む  (和憲)
六    人生に噴き出る汗は宝物  (新一)<詠み込み 汗>
七    雲の峰 茜に染めて陽が沈む  (良春)
八    明日がある 古木に趣味の花が咲く  (耕作)
九    とびこえて 世界記録を塗り変える  (新一)
十    気がついて 学成り難く老い易し  (奎夫)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-08-30 05:00 |  安冨冠句会例会