短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年8月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    酢の料理一品増やし夏期の膳  (泉水)<折り句 スイカ>
(標目  増すは食欲見た目も涼し)
 追吟  夏期の膳緑涼しき冷や奴

地    仲が良い 句座は五目の飯の味  (佳月)
(標目  我等つくずく日本人なり)

人    雲の峰 二度ときのこになるなかれ  (佳月)
(標目  ボタン押したら地球の破滅)

二    筆は伝える文芸短詩 伝統清き雅の流れ  (善三郎)<送り句>
三    肝っ玉 いざ本番で据わるもの  (春風)
四    なよなよと 柳が受ける初夏の風  (高男)
五    明日がある 忘れぬことも処世術   (善三郎)
六    盆踊り守り続ける過疎の汗  (直樹)<詠み込み 汗>
七    すっきりと命を洗う開巻日  (和憲)<折り句 スイカ>
八    気がついて のぞき込んでる妻の顔  (高男)
九    過半数 選挙しかない民の武器  (佳月)
十    仲が良い 修羅場もあった共白髪  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-08-30 06:00 |  安冨冠句会例会