短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年8月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    戦死者の墓の草引く老いの汗  (高男)<読み込み 汗>
(標目  人の命は運と不運が)
 追吟  老いの汗戦友の四倍永らえて

地    小気味よく 厨に刻む母の曲  (佳月)
(標目  テンポ早くてリズムかろやか)

人    仲が良い 句座は五目の飯の味  (佳月)
(標目  雅友それぞれ冠句それぞれ)

二    肝っ玉 戦争寡婦で生きた母  (高男)
三    仲が良い 愚痴も楽しく笑い合う  (直樹)
四    裏金を名前を伏せて偽装する  (守磨呂)<折り句 ウナギ>
五    なよなよと 植えた早苗がたくましく (泉水)
六    とびこえて 馬は乗り手の腕を知る  (戸楓)
七    明日がある 刈田に戻す藁の山  (佳月)
八    気がついて めぐる月日のはやきかな  (治子)
九    小気味よく 祭り太鼓の加茂の杜  (政信)
十    鈴虫と隠居ばかりが過疎守る  (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-08-30 07:00 |  安冨冠句会例会