短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年8月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      仲が良い 修羅場もあった共白髪  (和憲)

四選   とびこえて 北のミサイル来る恐れ  (良春)
      仲が良い 腹はライバル開巻日  (豪人)
三選   仲が良い 句座は五目の飯の味  (佳月)
      酢の料理一品増やし夏期の膳  (泉水)<折り句 スイカ>
      肝っ玉 いざ本番で据わるもの  (春風)
      手折る花にも選者の好み ガッカリさせた自信作  (土筆)<送り句>
      明日がある 忘れることも処世術  (善三郎)
      雲の峰 茜に染めて陽が沈む  (良春)
      戦死者の墓の草引き老いの汗  (高男)<読み込み 汗>
      大笑い 福の神様句座に棲む  (和憲)
      気がついて 記憶の糸がほぐれだす  (純一)
      肝っ玉 急に冷えたり縮んだり  (佳月)
      肝っ玉 細い家計を背負う母  (直樹)
      
      以下三選(篤子)(祥雲)
      以上十三章
      
以上多選の部 十六章でした 。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-08-30 08:00 |  安冨冠句会例会