短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年8月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    根が深い 食品偽装つぎつぎと  (千賀子)
  (標目 恥の上塗り老補ののれん)

 追吟  つぎつぎとどこが産地か海の幸

地    まかせきり それでも文句ばかり言う  (土筆)
  (標目 引退しても口は現役)

人    大地震 乱開発が産児うむ   (千翔)
  (標目 日本列島どこもかしこも)

二    和やかな 家庭に宿る福の神  (芳英)
三    上きげん 検査結果の良き知らせ  (純一)
四    せきばらい 話題を変えた議長席   (直樹)
五    根が深い 風雪耐えし岩の松 (直樹)
六    根が深い 恋の悩みは恐ろしい   (新一)
七    ずば抜ける 五輪に金の命かけ  (春風)
八    七変化 梅雨に花あり田舎町   (佳月)
九    頼りない 母から見ればまだ子供   (千賀子)
十    頼りない 受験勉強一夜漬け (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-08-26 01:00 |  安冨冠句会例会