短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年8月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    気遣って一歩譲れば和む風  (哲男)<読み込み 選>
(標目  譲る心を忘れたこの世)
 追吟  和む風世知辛い世に忘れられ

地    介護愛強い絆を手が支え  (耕作)<折り句 カツテ>
(標目  助けられたり助けて生きる)

人    竹の秋 わが身を削る親の愛  (新一)
(標目  巡りてわかる親への感謝)

二    せきばらい 満座静めた年の功  (耕作)
三    揖保の川瀬に涼呼ぶ風情 清流映えて鮎が跳ぶ  (土筆)<送り句>
四    恋の夜空に言葉は要らぬ 二人で仰ぐ天の川  (和憲)<送り句>
五    手いっぱい 欲が積もれば綻びも (奎夫)
六    まかせきり 単身赴任妻の肩  (春風)
七    根が深い 夢と希望を罪が絶つ  (國子)
八    頼りない 竜馬が嘆くこの政治  (和憲)
九    七変化 空に花火が鮮やかに  (守麻呂)
十    上きげん 湯舟に聞ゆ鼻歌が  (奎夫)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-08-26 03:00 |  安冨冠句会例会