短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年8月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    大地震 不安も溜まる土砂のダム  (和憲)
(標目  平和な暮らし泡と消え失せ)
 追吟  土砂のダム恐怖尾を引き眠れぬ夜

地    竹の秋 わが身を捨てて子育てに  (新一)
(標目  若竹伸びて竹の春来し)

人    頼りない 洞爺静かに幕を引く  (國子)
(標目  約束守り未来に夢を)

二    根が深い 十七文字は無尽蔵  (純一)
三    ずば抜ける 匠の技に心の美  (新一)
四    可愛くて抓むほっぺが手に跳ねる  (直樹)<折り句 カツテ>
五    七変化 女心に遊ばれて  (泉水)
六    手いっぱい 梅雨が明ければ畠草  (戸楓)
七    まかせきり メタボ管理は愛妻に  (千賀子)
八    せきばらい 威厳を保つ隠居部屋  (公三)
九    病みし床上げ感謝に満ちて 二人で仰ぐ天の川  (篤子)<送り句>
十    夕立ちに厚さ和らぐ夏の午後 (孝代)<読み込み 和>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-08-26 04:00 |  安冨冠句会例会