短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年8月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    上きげん 語る言葉の解る戦友  (直樹)
(標目  どこか寂しい言葉のうらに)
 追吟  解る戦友締めは軍歌で涙ぐむ

地    過疎となりついに田畑は手もつかず  (公三)<折り句 カツテ>
(標目  校庭まで芋作りしに)

人    竹の秋 和語美しき国の春  (純一)
(標目  ちょっとひねった季語も豊かな)

二    根が深い 戦禍の罪を背負う国  (佳月)
三    手いっぱい たらい回しとなる患者  (佳月)
四    大地震 地球は怒る生きている  (守麿呂)
五    季節感まず軒先に簾を吊る  (佳月)
六    まかせきり 指示に素直な全自動   (純一)
七    頼りない 親の目線で子を見つめ  (春風)
八    後期とは昭和一と桁夕しぐれ  (佳月)
九    ずば抜ける 自が一芸身を助け  (哲男)
十    上きげん うれしき事の一つあり  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-08-26 06:00 |  安冨冠句会例会