短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年8月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    手いっぱい 滴が切れぬ大家族  (和憲)
(標目  清濁合せて末が楽しみ)
 追吟  大家族昔はみんなそうだった

地    七変化 紆余屈折の立志伝  (千翔)
(標目  夕べ勤王、明日は佐幕)

人    鱚鰻鱒鯖鮪鱸好き  (豪人)<折り句 キマス>
(標目  愛でて楽しやすし屋の湯飲み)

二    夕立ちに暑さ和らぐ夏の午後  (孝代)<読み込み 和>
三    七変化 梅雨に花あり田舎道  (佳月)
四    上きげん 豆とビールで今日終わる  (佳月)
五    根が深い 嫁姑の腹の内   (新一)
六    金よりも掴む信用手抜なし  (泉水)<折り句 カツテ>
七    まかせきり それでも文句だけは言う  (土筆)
八    頼りない 若葉マークに云う紅葉  (和憲)
九    せきばらい ここに居りますさりげなく  (公三)
十    「合掌」は心が和み迷い去る  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-08-26 07:00 |  安冨冠句会例会