短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年8月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    時は今風を読み合う永田町  (善三郎)<読み込み 風>
(標目 冷や汗ぞくぞく票の行方に)
追吟  永田町お盆どころじゃない暮らし

地    済んだこと未練がましく二度三度  (善三郎)<折り句 スミニ>
(標目 耳をふさいで説教を聞く)

人    初の盆 読経の声も沈みがち   (良春)
(標目 ローソクの灯もまた沈みがち)

二    農日誌 栽培管理ぬかりなく  (良春)
三    職探し 企業まわりで今日も暮れ  (春風)
四    御中元 心を込めて品定め   (春風)
五    御中元 心配りか計算か (恒男)
六    千の風弥陀の浄土に花の舞  (新一)<読み込み 風>
七    夕涼み風鈴の音に虫の声  (耕作)<詠み込み 風>
八    職探し 不況の風はまだ続く  (春風)
九    丁度よい 糠漬の茄子食そそる  (春風)
十    メールあり 夫婦喧嘩の種になり (雅城)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 01:00 |  安冨冠句会例会