短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年8月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    初の盆 乗せて帰れよ茄子の馬  (和憲)
(標目  夢はペガサス箸の足でも)
 追吟  茄子の馬見れば見るほどいとおしい

地    好きだよと見つめ合ってる二輪草  (公三)<折り句 スミニ>
(標目  花も互いに愛の表現)

人    職探し 肩に重荷の汗をかく  (孝子)
(標目  家族背負った肩が重い)

二    名残惜し亡夫の形見の嬰を抱く  (直樹)<折り句 ナツヤ>
三    明日は明日今吹く風に乗る私  (和憲)<読み込み 風>
四    無事願う 嫁ぎゆく娘の背を祈る (雅城)
五    無事願う 拉致に非常の日が過ぎる  (和憲)
六    農日誌 余白かあんしや友逝きぬ  (土筆)
七    職探し 明日も歩けと万歩計  (千賀子)
八    メールあり 指示はやさしく妻の旅  (泉水)
九    B29 老いは語らず子は知らず  (純一)
十    太く短く輝く命 夜空に咲かす多花火  (孝代)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 02:00 |  安冨冠句会例会