短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年8月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    メールあり 宇宙基地から元気だよ  (耕作)
(標目  人の頭脳は底知れぬなり)
 追吟  元気だよ夢は大きく未来へと

地    世間知る風の冷たさ身にしみる  (雄飛)<読み込み 風>
(標目  元気出そうよ日は又昇る)

人    夕涼み風鈴の音に虫の声  (耕作)<読み込み 風>
(標目  星もきらきら平和そのもの)

二    甲子園 感動残し夏果てる  (純一)
三    職探し シルバー厳しい不況風  (良春)
四    甲子園 青春ドラマ暑い夏  (恒男)
五    農日誌 反省もあり至福あり (善三郎)
六    高い技量で観客湧かす 夜空に咲いた大花火  (土筆)<送り句>
七    初の盆 香煙ゆれる蝉しぐれ  (恒男)
八    誘い込む 軍艦マーチ銀の玉  (清)
九    追い風も逆風もあり人の世に  (善三郎)<読み込み 風>
十    御中元 平穏無事を感謝して  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 03:00 |  安冨冠句会例会