短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年8月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    初の盆 香煙ゆれる蝉しぐれ  (恒男)
(標目  身内集えどやっぱり寂し)
 追吟  蝉しぐれ賑やか好きな母でした

地    職探し 馴染みの顔が多くなり  (善三郎)
(標目  せめて挨拶明るく交わす)

人    B29 今なお残る不発弾  (直樹)
(標目  いつまで続く尚負の遺産)

二    風鈴にしのぶの緑夏の景  (千翔)<読み込み 風>
三    初の盆 飾ればかざる程寂し  (純一)
四    ドカンと一発ぶっ飛べ不況 夜空に咲かす大花火  (新一)<送り句>
五    御中元 貰ってうれしい品送る  (良春)
六    B29 老は語らず子は知らず   (純一)
七    無事願う 笑顔やさしき両陛下  (純一)
八    農日誌 親子二代に引き継がれ  (孝子)
九    丁度よい うさぎの私亀の夫 (千賀子)
十    メールあり 夫を使う買い忘れ  (孝代)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 05:00 |  安冨冠句会例会