短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年8月上座抄(広岡和憲 雅伯選)

広岡和憲 雅伯選

天    初の盆 身内一つの墓に寄す  (泉水)
(標目  仲良くしてます遺言通り)
 追吟  墓に寄す心ひとつに阿弥陀仏

地    職探し 金の卵は夢の夢  (政信)
(標目  上野に向う就職列車)

人    農日誌 四季こまごまと宝帳  (千翔)
(標目  万年豊作願って止まぬ)

二    追い風も逆風もあり人の世に  (善三郎)<読み込み 風>
三    無事願う 人歩む道人として  (千翔)
四    職探し 私は生きてゆく途中  (純一)
五    初の盆 親はみ仏客となる  (千翔)
六    丁度よい うさぎの私亀の夫  (千賀子)
七    甲子園 万の視線に湧く歓呼  (耕作)
八    秋の空風の芸術雲絵画  (哲男)
九    無事願う 自立の空へ青い鳥  (公三)
十    時は今風を読み合う永田町  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-08-27 06:00 |  安冨冠句会例会