短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年9月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    どこへゆく やがてまばたく星になる  (善三郎)
(標目  イエスキリストニッコリとする)
 追吟  星になる宇宙に消えたかぐや姫

地    洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
(標目  心に沁みる愛の手さばき)

人    玉の輿乗って見たけど尻痛し  (守磨呂)<折り句 タノシ>
(標目  氏も育ちも近代化して)

二    例会は和に始まりて和に終る  (善三郎)
三    鍵渡す 心の扉開けし人  (純一)
四    案の定 宿題残し始業式  (春風)
五    長い一生棒には振れぬ 奥歯で殺す腹の虫  (善三郎)<送り句>
六    妻として一家を支える和の心  (泉水)<詠み込み 和>
七    美し国 みな中程の暮らし向き  (純一)
八    独楽ねずみ 運命の糸をたぐる日日  (耕作)
九    夏の思い出まほろば遺跡 森に溶け込む蝉しぐれ  (治子)
十    洗い髪 誰に逢うのか浮き浮きと  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 01:00 |  安冨冠句会例会