短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年9月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    田は黄金野に咲く花に四季めぐる  (佳月)<折り句 タニシ>
(標目  豊作祝い彼岸花咲く)
 追吟  四季めぐる花の匂いに農の汗

地    道の駅 とれとれ野菜里の色  (純一)
(標目  ふるさと自慢味が勝負だ)

人    コウノトリ平和の使者となる但馬  (耕作)
(標目  野生に帰えす苦労実るか)

二    鍵わたす 気を許したが悔いの元  (篤子)
三    国のため帰らぬ霊石無言  (佳月)<折り句 クカイ>
四    苦心して介護の仕事行き詰まる  (篤子)<折り句 クカイ>
五    案の定 国技軽視の綱に罰 (良春)
六    洗い髪 今日はデートか化粧して  (千代子)
七    独楽ねずみ 気付かぬ頃が花だった  (純一)
八    どこへゆく 海に浮かんだ粗大ゴミ  (芳英)
九    どこへゆく 台風気がかり夜も更けて  (春風)
十    和やかな冠句の会は世に誇り (戸楓)<読み込み 和>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 02:00 |  安冨冠句会例会