短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年9月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    鍵わたす 婿を信じて喜んで  (公三)
(標目  子子孫孫の夢を託して)
 追吟  喜んで悠々自適老いの幸

地    案の定 苦労を知らぬ世の乱れ  (土筆)
(標目  豊かな暮らし情を忘れ)

人    美し国 人の心に詩を生む  (耕作)
(標目  情育みて世界平和)

二    和の句座はあとを汚さぬ鳥ばかり  (佳月)<詠み込み 和>
三    どこへゆく 世界平和と温暖化  (直樹)
四    案の定 原発揺らぎ汚染漏れ  (良春)
五    コウノトリ 自然界へと二世飛ぶ  (高男)
六    きのこ雲 語り繋いていつまでも  (恒男)
七    独楽ねずみ 自動化進みリストラに  (良春)
八    先は短い嫌われまいぞ 奥歯で殺す腹の虫  (佳月)<送り句>
九    加茂の社に夕暮れ迫り 森に溶け込む蝉の声  (奎夫)<送り句>
十    どこへゆく 行先告げず自分だけ  (太)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 04:00 |  安冨冠句会例会