短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年9月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    独楽ねずみ 過労死案ずキリギリス  (恒男)
(標目  千差万別この世の運命)
 追吟  キリギリス流転輪回に身をまかす

地    洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
(標目  生気は戻るこの気持ち良さ)

人    田は黄金の葉咲く花に四季めぐる  (佳月)<折り句 タノシ>
(標目  今年や豊作祭りも間近)

二    和歌山の熊野古道も歌になり  (豪人)<詠み込み 和>
三    和やかに冠句の会は世にほこり  (戸楓)<詠み込み 和>
四    耐えて継ぐ農家のほこり皺は歳  (耕作)<折り句 タノシ>
五    面構え 風貌からの滲む味  (和憲)
六    櫛形の下弦の月を池に置く  (佳月)<折り句 クカイ>
七    苦しいよ介護保険も医療費も  (豪人)<折り句 クカイ>
八    鍵わたす 信頼の二字手に重し  (佳月)
九    道の駅 気安さ引かれ足が向く  (新一)
十    きのこ雲 被爆被災は生き地獄  (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 05:00 |  安冨冠句会例会