短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年9月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
(標目  二十四時間待ったなしとて)
 追吟  愛がする無償なれども気は豊か

地    コウノトリ 地域上げての世話係  (恒男)
(標目  そっと見守る慈愛の眼)

人    日は暮れて和む机上の筆と紙  (治子)<読み込み 和>
(標目  硯波なく季の静かなる)

二    美し国 中身は大事と民の声  (善三郎)
三    鍵わたす つまるところは信と仁  (善三郎)
四    きのこ雲 語り継ぐけど核いらぬ  (孝代)
五    田は黄金野に咲く花に四季めぐる   (佳月)<折り句 タノシ>
六    案の定 出過ぎた釘は叩かれる  (耕作)
七    鍵わたす 見込んだ目には狂いなし  (善三郎)
八    苦もあるさ快楽もある生きる糧  (土筆)
九    独楽ねずみ 人それなりの生きる道  (直樹)
十    案の定 庶民の怒り表に出る  (佳月)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 06:00 |  安冨冠句会例会