短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年9月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
(標目  私そろそろお願いします)
 追吟  愛がする一生懸命真心で

地    鍵わたす 野党に移る議長室  (佳月)
(標目  互い仲よく国民のため)

人    苦労して掛けた年金いつか消え  (春風)<折り句 クカイ>
(標目  早く調べて正常にして)

二    遠き子へおくる便りは和のこころ  (治子)<読み込み 和>
三    どこへゆく 政治の行方定まらず  (篤子)
四    面構え 気品あふれる大女将  (春風)
五    独楽ねずみ 働くだけの父でした (高男)
六    鎮守森昭和も遠く百度石  (純一)<読み込み 和>
七    大切に残しておこう自然の美  (芳英)<折り句 タノシ>
八    きのこ雲 地獄落した爆撃機  (和憲)
九    どこへゆく 視界ゼロなる日本船  (美好)
十    独楽ねずみ 気付かぬ頃が花だった  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 07:00 |  安冨冠句会例会