短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年9月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      独楽ねずみ 気付かぬ頃が花だった  (純一)

四選   洗い髪 介護は十指の愛がする  (和憲)
     
三選   田は黄金野に咲く花に四季めぐる  (佳月)<折り句 タノシ>
      国のため帰らぬみ霊石無言  (佳月)<折り句 クカイ>
   鍵わたす 野党に移る議長席  (佳月)
      美し国 自然に負けぬ人の道  (千代子)
      玉の輿乗って見たけど尻痛し  (守磨呂)
      道の駅 ローカル色が競い合う  (公三)
      きのこ雲 千古の悔いを残す空  (和憲)
      どこへゆく 政治の行方定まらず  (篤子)
      鍵わたす 気を許したが悔いの元  (純一)
      洗い髪 心も軽く今朝の秋  (新一)      
      
      以上十二章
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-09-27 08:00 |  安冨冠句会例会