短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年9月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    声をかけ 近い他人の情を知る  (和憲)
  (標目 身内に勝るこの信頼度)

 追吟  情を知る向こう三軒愛が満ち

地    新記録 汗が涙に変わる金  (直樹)
  (標目 さし上げたしコーチの首に)

人    胸を借る お返し出来るその日まで   (善三郎)
  (標目 外人力士躾なおせよ)

二    墓洗う 不幸を詫びる術もなく  (新一)
三    墓洗う 仏の声かせみ時雨  (雅城)
四    胸を借る 土俵の砂を舐めた日々   (佳月)
五    日焼けして 笑う男と泣く女 (美好)
六    出来ることならコロリと最後 そうは問屋がおろさない   (公三)<送り句>
七    もみ手笑顔もその手はくわぬ そうは問屋がおろさない  (哲男)<送り句>
八    あせらないいつかは叶う運開く   (謙一郎)<折り句 アイウ>
九    暑い日々今が最高海の人   (公三)<折り句 アイウ>
十    墓洗う 私も入る家だから (豪人)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-09-25 01:00 |  安冨冠句会例会