短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年9月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    日焼けして 団塊の今農がある  (和憲)
(標目  見様見真似で土に楽しむ)
 追吟  農がある天と地と人皆恩師

地    旗印鮮明にして道狭し  (雅城)<読み込み 旗>
(標目  主役は明快だけど困難)

人    胸を借る 流せし汗は裏切らず  (純一)
(標目  過去の仕置にいまは報恩)

二    火のまつり 過疎の歴史が今も生き  (千翔)
三    堂々と 自給自足を皿に盛り  (千賀子)
四    揚羽蝶一張羅です薄衣  (土筆)<折り句 アイウ>
五    堂々と 自分で決めた道だから  (和憲)
六    拉致は返さぬ援助は欲しい そうは問屋がおろさない   (政信)<送り句>
七    声をかけ 人が仲良くなる秘訣  (豪人)
八    鵜飼い舟 詩情豊かに夏が過ぎ  (雅城)
九    堂々と 日々を生き抜く父が好き  (直樹)
十    笑顔見せ大風呂敷で隠す嘘  (泉水)<折り句 エオカ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-09-25 02:00 |  安冨冠句会例会