短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年9月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    縁ありて大きな愛の傘の下  (善三郎)<折り句 エオカ>
(標目  傘は夫なり愛し愛され)
 追吟  傘の下頼れる広さに抱かれて

地    声をかけ 近い他人の情を知る  (和憲)
(標目  顔が見えねば覗いてくれる)

人    新記録 天晴れ北島世界一  (守麻呂)
(標目  並みの苦労じゃ世界はとれぬ)

二    とらぬ先から数えたメダル そうは問屋がおろさない  (純一)<送り句>
三    日焼けして 働く顔に汗光る  (芳英)
四    墓洗う 背中流した日を想う  (美好)
五    墓洗う 皆が素直になれる時 (政信)
六    日焼けして 校庭はずむ新学期  (良春)
七    声をかけ 涙が先の故郷の母  (雅城)
八    癖になり 赤提灯が通せんぼ  (雅城)
九    声をかけ 楽しむ朝の散歩道  (智稔)
十    堂々と 大阪府政立て直し  (雅城)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-09-25 03:00 |  安冨冠句会例会