短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年9月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    流れ星 美しきまま去りし母  (直樹)
(標目  若き遺影の笑み輝きて)
 追吟  去りし母面影偲ぶ星月夜

地    安静に癒ゆる日を待つ詩が友  (佳月)<折り句 アイウ>
(標目  冠題屈き痛みやわらぐ)

人    新記録 日々の練磨が実を結ぶ  (公三)
(標目  仰ぐ日の丸灌漑深し)

二    鵜飼い舟 手綱捌きも日々の息  (直樹)
三    墓洗う 皆が素直になれる時  (政信)
四    流れ星 宇宙の神秘郷静か  (千翔)
五    墓洗う 戦死の二字が目に滲みる  (佳月)
六    堂々と 渡り切ろうな浮世橋  (和憲)
七    襟元に女は色気隠し持つ  (和憲)<折り句 エオカ>
八    堂々と 自分で決めた道だから  (和憲)
九    夫婦仲良くあの娘も欲しい そうは問屋がおろさない  (新一)<送り句>
十    胸借りる 師を乗り越えて大海へ (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-09-25 04:00 |  安冨冠句会例会