短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年9月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    墓洗う 戦死の二字が目に滲みる  (佳月)
(標目  若き益荒夫国の礎)
 追吟  目に滲みる遺影凛々しい海軍兵

地    襟正す奥床しさ冠句道  (和憲)<折り句 エオカ>
(標目  切磋琢磨で楽しい道中)

人    声をかけ 近い他人の情を知る  (和憲)
(標目  肉親凌ぐ近所が大事)

二    愛の鞭生きる苦労が生む感謝  (耕作)<折り句 アイウ>
三    安静に癒ゆる日を待つ詩が友  (佳月)<折り句 アイウ>
四    堂々と 旗手の愛ちゃん華やかに  (守麻呂)
五    墓洗う 猛暑の日照り冷めるまで  (國子)
六    笑顔満つ老いて楽しい冠句会  (耕作)<折り句 エオカ>
七    縁ありて大きな愛の傘の下  (善三郎)<折り句 エオカ>
八    雨降らず異常気象にうだる夏 (千翔)<折り句 アイウ>
九    鵜飼い舟 綱を捌いて妙技見せ   (良春)
十    陽のまつり 歴史の重み大文字  (謙一郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-09-25 05:00 |  安冨冠句会例会