短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年9月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    流れ星 美しきまま去りし母  (直樹)
(標目  夢の中でわ今でも若し)
 追吟  去りし母背われてみたわいつの日か

地    応援旗負けるな我らここにあり  (奎夫)<読み込み 旗>
(標目  昔一茶で今はアルプス)

人    堂々と 胸張りましょう銅メダル  (雅城)
(標目  金と同じと漢字が示す)

二    声をかけ 奇跡を祈る救助隊  (佳月)
三    胸を借る 待って下さい倍返し  (公三)
四    新記録 だしてはならぬものもあり  (奎夫)
五    笑顔密つ老いて楽しい冠句会   (耕作)<折り句 エオカ>
六    鵜飼い舟 月も見てます風物詩  (春風)
七    墓洗う 声なき声に母が笑む  (和憲)
八    揚羽蝶一張羅です薄衣  (土筆)
九    日焼けして 少年は行く果てぬ道  (直樹)
十    墓洗う 戦死の二字が目に滲みる  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-09-25 07:00 |  安冨冠句会例会