短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年9月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      新記録 うなぎのぼりの温度計  (哲男)

四選   声をかけ 近い他人の情を知る  (和憲)

      墓洗う 戦死の二字が目に滲みる  (佳月)

三選   縁ありて大きな愛の傘の下  (善三郎)<折り句 エオカ>
      声をかけ 奇蹟を祈る救助隊  (佳月)
      日焼けして 団塊の今農がある  (和憲)
      鵜飼い舟 綱を捌いて妙技見せ  (良春)
      声をかけ 人が仲良くなる秘訣  (豪人)
      流れ星 宇宙の神秘郷静か  (千翔)
      日焼けして 校庭はずむ新学期  (良春)
      西日差す旗が揺れますかき氷  (雅城)<読み込み 旗>
      取らぬ先から数えたメダル そうは問屋がおろさない  (純一)<送り句>
      旗の色良い方に付く関ヶ原  (佳月)
      相撲勝っても大麻に負けて 飛んで火に入る夏の虫  (雅城)<送り句>
      墓洗う 背中流した日を想う  (美好)
      癖になり 誓う禁酒も盗み酒  (哲男)
      鵜飼い舟 風流ながらやや哀れ  (孝代)
      鵜飼い舟 手さばき冴える長良川  (新一)

      以上 三選15章

多選 18章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-09-25 08:00 |  安冨冠句会例会