短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年9月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    共稼ぎ 妻の寝息にある疲れ  (純一)
(標目 そっとしてやるやさしさも愛)
追吟  ある疲れ職場のウサを持ち帰えり

地    欲が無い もう年だね弱音はく  (孝子)
(標目 議員バッチも票がすべてよ)

人    彼岸花 毒があるのか虫も来ず   (良春)
(標目 きれいな花も蝶はさけてる)

二    花活ける 心にゆとり有る暮らし  (芳英)
三    観月会 星降る過疎に琴の音が  (春風)
四    ぼちぼちと 苦労の汗が稔る秋   (直樹)
五    観月会 名句も酒が好きらしい (和憲)
六    共稼ぎ 新居の夢はなお遠し  (直樹)
七    買う方が安いと愚痴り稲を刈る  (純一)<詠み込み 稲>
八    氏神の干支なる稲を作る幸  (政信)<詠み込み 稲>
九    総選挙 お盆休みもそっちのけ  (公三)
十    総選挙 票の重みを感じつつ (春風)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-09-24 01:00 |  安冨冠句会例会