短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年9月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    ハードルを捨て身で越える正念場  (純一)
(標目            )
 追吟  正念場中小企業波高し

地    彼岸花 墓場に咲いて誰を待つ  (芳英)
(標目            )

人    朝夕に畦を廻って稲実る  (公三)<読み込み 稲>
(標目            ) 

二    ぼちぼちと 心の中にある手筈  (善三郎)
三    懸命に労わり合って老年期  (芳英)<折り句 ケイロ>
四    観月会 悦楽天に舞う調べ  (千翔)
五    音も無く 去りし日のまま文机  (直樹)
六    共稼ぎ 子等はチャッカリ逞しい  (土筆)
七    歩幅合う 米寿へ望む夫婦杖  (直樹)
八    音も無く いつか群れ飛ぶ赤とんぼ  (政信)
九    その日暮らしも感謝で過ごす 金は天下の回りもの  (篤子)<送り句>
十    花活ける 日々の雑念忘れ去り  (公三)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-09-24 02:00 |  安冨冠句会例会