短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年9月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    総選挙 平成の票出番待つ  (孝代)
(標目  初の行使に大人の自覚)
 追吟  出番待つ票に託した勝名乗り

地    ぼちぼちと 君の名前が出る上座  (和憲)
(標目  上手く作れるくすりが欲しい)

人    歩幅合う 膝を曲げない北の兵  (豪人)
(標目  他国嗤えぬかっての日本)

二    共稼ぎ 妻の寝顔にある疲れ  (純一)
三    欲が無い 足ること知れば日々しずか  (和憲)
四    花活ける 心にゆとりある暮らし  (芳英)
五    歩幅合う 今や佳境の阿波踊り  (純一)
六    ぼちぼちと もうかりまっか合言葉   (孝代)
七    ハードルを 下げて肩の荷軽くなる  (純一)
八    欲を捨てたら世間が見える 金は天下の回り物  (和憲)<送り句>
九    稲が描く城郭映す古代米  (恒夫)<読み込み 稲>
十    彼岸花 ポキポキ折ってネックレス  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-09-24 03:00 |  安冨冠句会例会