短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年9月上座抄(広岡和憲 雅伯選)

広岡和憲 雅伯選

天    音も無く 去りし日のまま文机  (直樹)
(標目  風が開いた記憶の一章)
 追吟  文机あの日の夢は今も尚

地    打たずとも軒の明珍火箸なる  (善三郎)<折り句 ウノヒ>
(標目  虫の歌声霞んでしまう)

人    花活ける 調和を刻む和の鋏  (恒男)
(標目  部屋に静寂与えてくれる)

二    農の汗光る一滴汲む稲穂  (直樹)<読み込み 稲>
三    花活ける うれしい人を待つ客間  (泉水)
四    花活ける 晴れの客待つ奥座敷  (公三)
五    渓流に筏操る櫓の響き  (恒男)<折り句 ケイロ>
六    うぐいすを乗せて勝利の票集め  (孝代)<折り句 ウノヒ>
七    音も無く ベートーベンはタクト振る  (雄飛)
八    総選挙 滾る民意に山動く  (直樹)
九    彼岸花 涼しさ連れて千の風  (哲夫)
十    音も無く 初秋の風色染めて  (土筆)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-09-24 06:00 |  安冨冠句会例会