短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年9月上座抄(平松直樹 雅伯選)

平松直樹 雅伯選

天    欲が無い 今を喜ぶ花日和  (和憲)
(標目  凡な暮しにある平和)
 追吟  花日和凡な幸せ感謝して

地    共稼ぎ 妻の寝息にある疲れ  (純一)
(標目  家事に仕事に厭わぬ苦労)

人    音も無く 選挙終った過疎の秋  (豪人)
(標目  ことさら静か虫の声)

二    歩幅合う 無事息災に金の婚  (雅城)
三    観月会 名句も酒が好きらしい  (和憲)
四    総選挙 新しい国期待して  (孝子)
五    氏神の干支なる稲を作る幸   (政信)<読み込み 稲>
六    おらが山里ゆっくり暮れて 孫と歌ったわらべ歌  (公三)<送り句>
七    渓流に筏操る櫓の響き  (恒男)<折り句 ケイロ>
八    ぼちぼちと 大根蒔きの草を引く  (土筆)
九    ハードルを 笑い話で語れる日  (孝代)
十    彼岸花 燃えて短い秋の暮れ  (公三)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-09-24 07:00 | 冠句の仲間