短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年9月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      欲が無い 足ること知れば日々しずか  (和憲)

四選   共稼ぎ 妻の寝息にある疲れ  (純一)

      観月会 今宵は雲も遠慮がち  (泉水)

      花活ける 心にゆとり有る暮らし (芳英)

      花活ける 晴れの客待つ奥座敷  (公三)

      ぼちぼちと 君の名前が出る上座  (和憲)

三選   氏神の干支なる稲を作る幸  (政信)<読み込み 稲>
      今朝取りの色みずみずし露地野菜  (純一)<折り句 ケイロ>
      渓流に筏操る櫓の響き  (恒男)<折り句 ケイロ>
      旨い酒呑めば良薬日々楽し  (直樹)<折り句 ウノヒ>
      買う方が安いと愚痴り稲を刈る  (純一)<読み込み 稲>
      うぐいすを乗せて勝利の票集め  (孝代)
      感謝感謝で凡なる暮し 金は天下の回り物  (直樹)<送り句>
      健康に生きる努力を老後まで  (芳英)<折り句 ケイロ>
      観月会 ロマンが消える月探査  (良春)
      ぼちぼちと 苦労の汗が稔る秋  (直樹)
      天下太平 童心戻る 孫と歌った童歌  (善三郎)<送り句>
      総選挙 新しい国期待して  (孝子)
      彼岸花 咲いて知らせる墓参り  (芳英)
      他人貸しやはり気になる稲の出来  (和憲)<読み込み 稲>
      入りは遅いが出るのは速い 金は天下の回り物  (良春)<送り句>
      共稼ぎ エプロンに合う夫と成り  (和憲)
                
      以上 三選16章

多選 22章でした。久しぶりに多選の多い9月例会でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-09-24 08:00 |  安冨冠句会例会