短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年10月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    蚊の涙 消える年金増す負担  (耕作)
  (標目  有がたいけどもう少し欲しい)
 追吟  増す負担誰が総理になったとて

地    十三夜 見上げる月も肌寒い  (芳英)
  (標目  破れた恋に月も手加減)

人    切り替えて 二度と汚さぬ免許証  (良春)
  (標目  酒はこりごり職まで追われ)

二    天高し 雲なき空に気も晴れる  (太)
三    天高し 青空遠くうろこ雲  (智稔)
四    ダイエット 秋の味覚に惑わされ  (春風)
五    十三夜 鎮まる過疎に星が降る (高男)
六    涼しさは月の明るさ虫の声  (善三郎)<読み込み 涼>
七    和やかに賑わう句座に若い顔  (佳月)<折り句 ナニワ>
八    夏が過ぎて庭の盆栽若返る  (新一)<折り句 ナニワ>
九    胃に八分頭寒足熱身を守る  (佳月)<折り句 イズミ>
十    色恋の図星さされて耳赤し (純一)<折り句 イズミ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-10-25 02:00 |  安冨冠句会例会