短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年10月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    天高し あなたへの距離遠すぎる  (孝代)
(標目  やがて私も星の世界へ)
 追吟  天高し来世は弥陀の手のひらで

地    難題も荷を分け合いて渡る橋  (太)<折り句 ナニワ>
(標目  重荷それぞれ家族分担)

人    十三夜 窓にこぼれし松の影  (祥雲)
(標目  月は皓々松は影絵に)

二    天高し リズム揃った老いの坂  (直樹)
三    赤とんぼ 音符で辿る城下町  (公三)
四    赤とんぼ 追えば昔の日が沈む  (純一)
五    赤とんぼ 句碑を訪ねて小京都  (高男)
六    伸び切った草引き助く朝の涼  (篤子)
七    胃に八分頭寒足熱身を守る  (佳月)<折り句 イズミ>
八    国の礎身籠る母に 産院足りぬ少子国  (直樹)<送り句>
九    天高し 遠い昔の志  (憲應)
十    絵空事 書いた餅かと茄子の花  (哲男)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-10-25 03:00 |  安冨冠句会例会