短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年10月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    赤とんぼ 郷愁そそるわらべ歌  (佳月)
(標目  心にしみるなつかし調べ)
 追吟  わらべ歌ほのぼのとして口ずさむ

地    なによりも日本の心侘びと寂  (直樹)<折り句 ナニワ>
(標目  自然満喫身を置く果報)

人    蚊の涙 消える年金増す負担  (耕作)
(標目  病気案じつ老残を生く)

二    胃に八分頭寒足熱身を守る  (佳月)<折り句 イズミ>
三    稲穂垂れずっしり重く稔る秋  (良春)<折り句 イズミ>
四    赤とんぼ句碑を訪ねて小京都  (高男)
五    夏過ぎて庭の盆栽若返る  (新一)<折り句 ナニワ>
六    和やかに賑わう句座に若い顔  (佳月)<折り句 ナニワ>
七    十三夜 満つれば欠ける運命あり  (佳月)
八    赤とんぼ 夢を残した露風の詩  (祥雲)
九    蚊の涙 老いの福祉は細りゆく  (直樹)
十    蚊の涙 庶民の痛み増すばかり  (直樹)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-10-25 04:00 |  安冨冠句会例会