短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年10月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    赤とんぼ 追えば昔の日が沈む  (純一)
(標目  母や同朋瞼をよぎる)
 追吟  灯が沈む山並み今日も変わりなく

地    鯖を詠む 隠し切れない老いの影  (公三)
(標目  後姿に年輪見せて)

人    涼秋の誘いに乗った散歩靴  (和憲)
(標目  清し心に手足も軽く)

二    切り替えて 強く生きなきゃ三回忌  (和憲)
三    天高し ママが貰った金メダル  (佳月)
四    進歩は社会に命をあずけ 寿命は延びる身は縮む  (土筆)<送り句>
五    七色の虹で晩学渡る橋  (和憲)<送り句 ナニワ>
六    涼風に風鈴の音も嬉しそう  (豪人)<読み込み>
七    十三夜 今年も来たな月見酒  (美好)
八    他所の花 苦労は見えぬ表だけ  (土筆)
九    絵空事 古墳壁画にロマン見る  (良春)
十    他所の花 うちの方がと強がって  (守磨呂)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-10-25 05:00 |  安冨冠句会例会