短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年10月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    切り替えて 強く生きなきゃ三回忌  (和憲)
(標目  亡き人いまだ仏と呼べず)
 追吟  三回忌忘却彼方とはゆかず

地    何故今と俄が辞転に湧く世間  (公三)<折り句 ナニワ>
(標目  今の世の中何起こるやも)

人    赤とんぼ 追った竹馬の友いずこ  (春風)
(標目  国敗れても山河変わらず)

二    十三夜 一葉も見たお月様  (善三郎)
三    七転び忍の八起でわが道を  (良春)<折り句 ナニワ>
四    天高し 千の光が風に舞う  (千代子)
五    切り替えて どうせ人生一度きり   (憲應)
六    絵空事 生きるためには夢もいい  (善三郎)
七    涼秋の誘いに乗った散歩靴  (和憲)<読み込み 涼>
八    他所の花 紅く見えるが黒もある  (豪人)
九    絵空事 嘘にロマンの一欠ら  (和憲)
十    胃に八分頭寒足熱身を守る  (佳月) <折り句 イズミ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-10-25 06:00 |  安冨冠句会例会